ブックハウスおすすめの本たち。お気に入りの本を見つけてください
(※商品は品切れの場合もございますので、予めご了承ください)

by bh_jinbo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
しかけ絵本
幼年向きしかけ絵本
日本の絵本
海外の絵本
赤ちゃん絵本
大人にもオススメ
DVD/CD
読み物
お子さま向け読み物
ノンフィクション
むかしばなし
ことばのえほん
洋書
絵本の解説書
これから出る本
知育絵本
科学絵本
カード・かるた・すごろく
その他
おえかき本
謝恩価格本(文芸)
謝恩価格本(趣味・実用)
謝恩価格本(児童書)
家庭書(バーゲンブック)
限定出版
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『ゆきみちさんぽ』
f0104360_10585931.jpg『ゆきみちさんぽ』
作:えがしら みちこ
出版社:講談社
本体価格:¥1,200+税
発行日:2016年11月09日
ISBN:9784061333109
小さな女の子 (3歳、4歳くらいかしら?) が、お気に入りのマフラーや手袋を身に着けて、完全防備で出かける、雪の日の散歩。 サクサク踏みしめる雪の音、そして一面の銀世界を楽しむ子どものキラキラした目の輝き。 雪が大好きな子どもの楽しい気持ちが、すうっとした独特の冷気も雪の匂いも感じながら、伝わってきます。

お気に入りの帽子も手袋も、作った雪だるまにあげちゃう、女の子の可愛らしさ。 そして、最後には、大好きな人が、女の子を迎えにきます。

えがしらみちこさんの水彩画の美しさが目をひく 「おさんぽシリーズ」 待望の最新刊です。(ひ)


★えがしらみちこ『ゆきみちさんぽ』原画展
 
@ブックハウスギャラリー
1/19~2/6
えがしらみちこさんといえば、見事な水彩画。 原画を全点展示で、ゆきの日の一日の流れを、一望して楽しめる原画展は、必見! 貴重な制作ノートも、見応えあります。 えがしらさんのオリジナルグッズも販売いたしますので、お見逃しなく。

★関連イベント

えがしらみちこさんワークショップ
~お人形と雪だるまをつくろうWS&サイン会~
1/22(日) 14時~約60分(WS)/15時~サイン会 無料・要予約※ご予約受付終了しました。
『ゆきみちさんぽ』 主人公の女の子がモデルのお人形と、雪だるまを作って楽しむワークショップ。 
すてきなオブジェで冬のお部屋を飾ってみませんか。 対象:2歳~大人 

えがしらみちこさんワークショップ
~水彩塗り絵を楽しもうWS&サイン会~
1/29(日) 14時~約60分(WS)/15時~サイン会 無料・要予約※ご予約受付終了しました。
えがしらみちこさんの透明感のある水彩画の秘密を探るワークショップ。 色の選び方から筆遣い、重ねやにじみを教えてもらいながら、水彩をご一緒に楽しく描いてみませんか。 対象:4歳~大人

チラシ
[PR]
# by bh_jinbo | 2017-01-21 11:13 | 赤ちゃん絵本
『長い長いお医者さんの話』
★毎月、ぞろ目の日に、児童書の作り手や届け手から、心のこもった情報をお届けします!という 「児童文学ぞろ目の日」 とリンクさせていただいた、おススメ本ブログです♪(1月11日)

f0104360_14582971.jpg『長い長いお医者さんの話』
作・絵:カレル・チャペック
訳:中野 好夫
出版社:岩波書店
本体価格:¥720+税
ISBN:9784001140026
第二次世界大戦前のチェコスロバキア(当時)の、国民的人気作家、カレル・チャペックの愛すべきお話が9編収録された、とっても官能的でお得な童話集。

そう、私にとって、チャペックの物語は、官能的なんです。 なぜかって? まあ、聞いてやってください。

チャペックの物語の魅力について、まず私が思うのは、登場人物が ”良くも悪くもない真ん中くらいの” 魔法使い、”お行儀良く育てられた” 山賊のお坊ちゃま、"愚痴っぽい" カッパや お人よしのルンペン、朴訥な郵便屋さんなど、多彩で魅力的なこと。 

それから、一般的な話からの逸脱が生むユーモア。 
「郵便屋さんの話」 では、郵便屋のコルババさんと、妖精とのやりとりが微妙に的外れで 「え?そこ?」 と、ずっこけたり、「山賊の話」 では、哀れなロトランドのなれの果てが、税務署の役員? (みたいなもの) そうくるの?と失笑したり。

見事な場面の描写。
「長い長いお医者さんの話」 は、お医者さんの無尽蔵な四方山話がバナナのたたき売りのような立て板に水的な面白さで、言葉運びがお話の鍵。 逆に 「宿なしルンペンくんのおはなし」 の帽子の旅のくだりは、サイレントでチャップリン辺りが喜劇映画として監督していても良さそうな、イキイキとした展開が見事。 いやー、しかも、このお話の最後ときたら・・・

・・・と、うっかり全部内容をお話してしまいそうですが、本を読んでほしいので渋々諦めるとして・・・ 


チャペックは、私をいつも、翻弄し、はぐらかす。 私が思ったように事が運ぶ物語なんて、一つもない。 言葉、キャラクター設定、そして展開やオチ、それはもう、伝えきれないほど、はぐらかされる。 そのはぐらかしは、頓珍漢なことを言って話があちこちにいく困った類のものではなく、話の筋は追いつつも、要所要所で巧妙にはぐらかして最後には全てを掬い取ってくれる類のもので、これには非常な才能が必要です。 感服するしかない才能です。 私は読む度に、チャペックが天から舌を出して私を見ているような気がしてなりません。 はいはい、凡人の私には、所詮この程度の想像力しかありませんよ・・・と、呆れに似た、実はものすごい嫉妬心が渦巻いたり。

翻弄され、はぐらかされ、感服し、才能に嫉妬し・・・私はまるで、物語の奴隷。 身をねじるように読む物語、これを 「官能的」 な物語と言わずしてなんだろう! 

100年も前、そして世界情勢が不安定な時代に、様々な物語をユーモアや時に辛辣な皮肉を持って世に残してくれた、天才カレル・チャペック。 彼の手による物語、戯曲をこれからも読んで、これからもはぐらかされ続けたい、私です。

そうそう、なぜ犬はしっぽをふるのか、豚のしっぽはなぜ食べられるようになったのか、そんな理由もこの本に愉快に書かれていますので、一言一句もらさず、お楽しみください。

この岩波文庫は定価¥720 (税抜)。 これで、何本も映画をスクリーンで観た後にも、または、あらゆる夢を見た直後にも、はたまた、言葉も分からぬ異国の地を旅した後にも似た、とびきりの充足感を味わえるならば、お得なものじゃありませんか。 兄のヨゼフの挿絵も元祖ヘタウマで (言ってしまった!各方面から叱責されそう!?) 見逃せません。 ぜひ、お家の本棚に。 (ひ)
[PR]
# by bh_jinbo | 2017-01-14 16:18 | お子さま向け読み物
『青矢号 おもちゃの夜行列車』
★毎月、ぞろ目の日に、児童書の作り手や届け手から、心のこもった情報をお届けします!という 「児童文学ぞろ目の日」 とリンクさせていただいた、おススメ本ブログです♪(12月12日)

f0104360_10264064.jpg『青矢号 おもちゃの夜行列車』
作:ジャンニ・ロダーリ
訳:関口 英子
出版社:岩波書店
本体価格:¥680+税
発行日:2010年05月
ISBN:9784001141665
物語の舞台・イタリアでは、子どもたちにプレゼントを持ってきてくれるのは、サンタクロースではなく 1月6日のエピファニア (公現祭) の時に来てくれる 「ベファーナ」 という魔女のおばあさん (※)。
 
物語の始まりは、そのエピファニアの夜のベファーナのお店。 ベファーナのお店のおもちゃのショーウィンドウを悲しげな瞳で見つめているフランチェスコは、貧しいので毎年プレゼントをもらえない少年です。 ガラスの内側にいる、たくさんのおもちゃたちは、そんな涙目のフランチェスコの姿に胸を痛め、彼の家へ行ってあげよう! と、勇気を奮い起こして、その夜、お店を抜け出します。 おもちゃですから、当然自由に動けませんし、ぬいぐるみの犬の鼻を頼りにフランチェスコの跡を辿るのは、簡単なことではありません。 雪も降って寒い夜・・・さあ、おもちゃたちは、無事に、フランチェスコのところへ辿り着けるのでしょうか。

児童書のノーベル賞とも言われる、国際アンデルセン賞作家のジャンニ・ロダーリ作の、とびきり愉快な物語です。 おもちゃたちは、フランチェスコの元へ行く途中、それぞれが様々な (しかもおあつらえむきな) 理由で、いろいろな子どもたちの元へ留まって、その子どもたちを笑顔いっぱいに変えながら、残ったおもちゃたちは冒険を続けます。 言葉の魔法使い・ロダーリの、鮮やかで感情豊か、でもすっきりとした文章力と、間違いさえも面白いものに変えてしまう彼の並々ならぬ想像力とで、最後のページをめくるまで、本から離れられなくなってしまいます。 皮肉に微笑し、伏線に惑わされ、展開に驚き、そして、この本からそこはかとなく漂う 「優しさ」 に何度も涙し・・・ 

ロダーリの魔法は、なかなか手強く、一度かかってしまうと、ちょっとやそっとのことでは、とけなくなってしまいますね。 あなたも、ロダーリの魔法にかけられてみませんか? (ひ)

※現在のイタリアでは、クリスマスにもちゃんとプレゼントがもらえるので、12月25日と1月6日両方もらえている・・・ケースが多いと思います
[PR]
# by bh_jinbo | 2016-12-17 13:29 | お子さま向け読み物
「あかり」
f0104360_1643595.jpg『あかり』
文:林 木林
絵:岡田 千晶
出版社:光村教育図書
本体価格:¥1,300+税
発行日:2014年12月
ISBN:9784895728812
私たちの暮らしの中で、夜や闇を照らしてくれるものはたくさんあります。 夜を照らしてくれるのは月の光。 人の手による照明は、電球や蛍光灯。 ランプ。 たき火や暖炉。 

そして、ろうそく。

一本のろうそくが灯すあかりは、他の照明の圧倒的な安定感に比べると、非常に心もとない、小さな光。 提灯などで周りを囲っていない、一本のろうそくの炎は、穏やかな空気の流れにすら、ゆらゆらと揺れて、ふっと一息で消えてしまいそう。 そして、時間が経つにつれ、蒸発してゆく蝋。 燃え尽きる直前に見せる一瞬の輝き。

ろうそくの明かりはとても儚い。 その儚さが、心地よい。

人生に例えられることも多い、ろうそく。 人が生まれる時のあの何とも言えない高揚感は、新品のろうそくを灯す時のワクワク感にも似ているし、人が生を全うしようとする姿は、身を削るような健気ささえ感じさせる、ろうそくそのものに重ねられる。 そして、最後に芯が燃え尽きて火が消える時の、寂寥感は、まるで・・・。


この絵本を読みながら、私はそんなことを思ったりして、心が遥か遠くまで旅をしていました。 この絵本はごく普通の紙でできた1冊の重さですが、心には、ずいぶんとズシっとした重みを感じました。 ラストシーンは、きっと、読む人によって自由に想像できるような気がします。 あなたは、どういう風に読みましたか? (ひ)



★岡田千晶『あかり』原画展
 @ブックハウスギャラリー
12/15~2017/1/16
岡田千晶さんのろうそくの絵が印象的な表紙の 『あかり』(作:林木林/絵:岡田千晶/光村教育図書)の原画全点展示します。 岡田千晶さんの絵がどういう風に描かれているのかを、原画から想像することができるか、ドキドキワクワクです! 

★関連イベント
林木林さん、岡田千晶さんワークショップ
~あかりカードを作ろう~
12/23(金・祝)
14時~約60分 (無料・要予約です)
岡田千晶さん考案のクリスマスカード。 自分のあかりを、カードに灯してみませんか? 林木林さんの言葉を飾って、カードを作って、誰に贈りましょうか。
BGMつき絵本の朗読は、朗読楽団のみなさんです。 お楽しみに☆ ※残席わずかです! ご予約はお早めにどうぞ。

チラシ
[PR]
# by bh_jinbo | 2016-12-12 17:27 | 日本の絵本
『パンダ ともだちたいそう』
f0104360_1582750.jpg『パンダ ともだちたいそう』
作:いりやま さとし
出版社:講談社
本体価格:¥1,000+税
発行日:2016年09月12日
ISBN:9784061991378
パンダがお友だちと組み体操をすると、黒と白の部分が上手に組み合わさって、いろんな物に見えちゃいます。

「おにぎり」
「めがね」
「だるまさん」・・・

体操するお友だちは、どんどん増えて、見える形もだんだん複雑になっていきます。 「なるほど」 から 「え、ちょっと無理がある(苦笑)」 体操まで。 そして最後に、よちよち、赤ちゃんパンダがやってきて・・・?


ただでさえ 「可愛い」 代名詞のようなパンダ (※当社調べ)。 それが、いりやまさとしさんの手で、しかもいりやまさんの新境地?みたいな、他の絵本とちょっと違う画風で、描かれると、もう 身もだえしてしまいます! パンダをまねて、友達や家族と一緒に体操をして、実際に形作ってみたいと思ったのは、私だけではあるまい。 キグルミを作ってみようかな?と思ったのは、私だけではあるまい! 夢に 「たいそうパンダ」 が出てきたのも、私だけではあるまいにーーーーー!!(謎の叫び)

子どもも大人も楽しく読める、いりやまさとしさんの飛び切りの1冊です。 たいそうシリーズ 『パンダ なりきりたいそう』 と合わせて、ぜひ、ご家庭の絵本棚に。 (ひ)

★いりやまさとし原画展 @ブックハウスギャラリー
12/1-12/12
いりやまさとしさんの パンダたいそうシリーズ2冊、『もりでいちばんのクリスマスツリー』 (佼成出版社) から、選りすぐりの原画を展示いたします。 息を呑むほど、ため息が出るほど、眺めれば眺めるだけ美しい、いりやまさとしさんの原画をぜひ、直接ご覧ください。
ギャラリーは真珠まりこさん 『かまくらレストラン』 (教育画劇) 原画数点と、タカタカヲリさんの貴重な原画数点を、同時展示いたしますので、そちらもどうぞお楽しみに☆

★関連イベント
Let's sing a Xmas with BOOKBAND (クリスマスコンサート)~クリスマスを歌おう!~
12/11(日)
お子さま向けの部 14時から約60分 ※13:30から、絵本の読み聞かせをします。
大人の方向けの部 17時から約90分 ※最初の30分は絵本の読み聞かせ。 演奏は17:30から開始します。

無料・ご予約不要です
★絵本作家の真珠まりこさん (Vo,G)、いりやまさとしさん (G)、タカタカヲリさん (Vo,B)、そしてファザーリングジャパンで絵本ライブをされている久留島太郎さん (Vo,G) の4名でお送りする、それは素敵なクリスマスライブ☆ 絵本と音楽で楽しいひと時を、ご一緒に過ごしませんか? たくさんの方のご来場をお待ちしております。 チラシ
[PR]
# by bh_jinbo | 2016-11-23 16:11 | 赤ちゃん絵本
『オンネリとアンネリのおうち』
★毎月、ぞろ目の日に、児童書の作り手や届け手から、心のこもった情報をお届けします!という 「児童文学ぞろ目の日」 とリンクさせていただいた、おススメ本ブログです♪(11月11日)

f0104360_14371897.jpg『オンネリとアンネリのおうち』
作:マリヤッタ・クレンニエミ
絵:マイヤ・カルマ
訳:渡部翠
出版社:福音館書店
本体価格:¥1,600+税
ISBN:9784834081916
50年も前のフィンランドからやってきた童話の、嬉しい復刊です。
オンネリとアンネリは、小学校2年生の女の子。 同じ町に住んで、同じ学校に通って、クラスも一緒の、大親友。
ある日、二人が拾った分厚い封筒の中身。 それは、なんと大金! 拾ったことを正直に伝えたため、それは二人のものになります。 そして、封筒を拾った辺りの家に住む 「薔薇乃木夫人」 、彼女が不本意で作ってしまったという 「少女が二人住むのにちょうどよい素敵な屋敷」 そこを、その大金で買って、二人で住むことになったのです。
 

そこから、あれよあれよとお話が展開していきます。 その展開ときたら、なんというか、大人の言葉でいうと 「ええ~そんな都合よいこと、現実には有り得ない」 ではあるのですが、ここまで徹底してもらえると、最早、パズルのピースがぴたっとはまるような、あの快感に似たすっきり爽やか感が味わえます。 

オンネリとアンネリが二人だけで豪華なお屋敷に住むという設定だけでも、ワクワクしますが、その 「次々起こるちょっぴり都合のよい展開」 がまた、憎いほどワクワクするのです。 これはさぞ、夢見がちな少年少女の想像力をかき立てるだろうなと思いました (夢見がちなオバチャンも、想像力をかき立てられましたよ)。

薔薇の庭、キラキラ輝く装飾、イチゴのロールケーキ・・・などと、登場する小物たちも魅惑的で、甘い甘い、砂糖菓子の童話の世界のよう。 それもとってもステキなのですが、この1冊は、そんな砂糖菓子の中にも、ピリリと山椒やトウガラシが入っていたり、しっかりしたTボーンステーキの味がしたりと、一筋縄でいく砂糖菓子ではないところが、さらなる魅力。 

アンネリたちのお隣に住むノッポティーナさんとプクティーナさん (名訳!) の庭で育っているものは? オンネリとアンネリの両親の抱えている問題とは? など、細かな設定がきっちりとされており、奇想天外で面白いアイディアと、オンネリとアンネリの心の動きと、脇役の絶妙な位置関係と・・・それらをしっかりまとめる文章の力、これが、この本の魅力なのでしょう。

ぜひ、ご家庭の本棚に。 (ひ)
[PR]
# by bh_jinbo | 2016-11-11 16:06 | お子さま向け読み物
「ほげちゃんとこいぬのペロ」
f0104360_12475598.jpg『ほげちゃんとこいぬのペロ』
作:やぎ たみこ
出版社:偕成社
本体価格:¥1,000+税
発行日:2016年10月24日
ISBN:9784032324600
大人気の 「ほげちゃん」 シリーズ最新作。
ゆうちゃんの家で、こいぬを一晩預かることになりました。 可愛いこいぬに、ゆうちゃん一家は夢中です。 ほっとかれて、ほげちゃんは、面白くありません。 

家族みんなが寝静まったお部屋で、
「うるさーい! おったんちんの じゃがいもわんこ!」
ほげちゃんは、ペロをぎろっとにらみつけました! すると・・・。


1巻では、家族の横暴に耐えかね、家じゅうを暴れまわり、ケチャップまみれとなったほげちゃん。
2巻では、動物園で迷子になって、心細くなったり、カラスに対抗したりと、外の世界を冒険したほげちゃん。
そして、最新刊では、そんなほげちゃんが、ペロをめぐって大活躍します。 ペロや猫のムウを可愛がって、お世話をしたりして・・・なんだかまるで、お兄ちゃんみたい。 ほげちゃんの、ちょっと頼もしくなった姿が、最新刊では見られます。 だんだん成長するほげちゃんが、まぶしく、一読者としてはこのほげちゃんの姿に、涙があふれてしまうのです。 一冊ずつ単独に読んでも楽しいですが、続けて読むと、より楽しい!
ぜひ、3冊まとめて、ご家庭の本棚に♪ (ひ)

★やぎたみこ原画展 @ブックハウスギャラリー
11/3-11/14
『ほげちゃんとこいぬのペロ』 原画全点展示です。 やぎたみこさんの綺麗な原画をぜひ、ご覧ください。
期間中に当店で絵本をご購入の方には、素敵なプレゼントが当たる応募用紙をお配りします。 お見逃しなく!

★関連イベント
やぎたみこ&朗読楽団 おはなし会&大すごろく大会 
11/6(日) 13:00~/15:00~ 約70分。 無料・要予約です※TEL(03-3261-5691)、メール(books@bh-jinbocho.jp) または店頭でどうぞ。 お名前フルネーム/お電話番号/ご参加人数をお知らせください。

朗読楽団さんによる、BGMつき絵本読み聞かせと、やぎたみこさん特製のオリジナルすごろく(なんと、ブックハウス神保町バージョン!)大会。
すごろく大会の勝者には、素敵なプレゼントがあります。 ふるってご参加ください!
※今回のすごろく大会は、大人の方のご参加も大歓迎! 子どもから大人まで、みんなで盛り上がりましょう。

チラシ
[PR]
# by bh_jinbo | 2016-10-30 13:12 | 日本の絵本
『ふらいぱんじいさん』
★毎月、ぞろ目の日に、児童書の作り手や届け手から、心のこもった情報をお届けします!という 「児童文学ぞろ目の日」 とリンクさせていただいた、おススメ本ブログです♪(10月10日)

f0104360_13184499.jpg「ふらいぱんじいさん」
作:神沢 利子
絵:堀内 誠一
出版社:あかね書房
本体価格:¥900+税
発行日:1969年01月
ISBN:9784251006356
黒くてピカピカ光っていて、キッチンでいつも美味しいものを作ってくれるフライパン。 でも悲しいかな、いつしかピカピカがガサガサに変わり、ふちに焦げ目がついて取れなくて、みんなの大好きな目玉焼きも なんだかうまく作れなくなってしまい、そうして、ふらいぱんが、ご隠居さんとなりました。
お家の人が新しいフライパンを買ってきたので、このふらいぱんじいさんは、旅に出ることにしました。 道をどこまでも歩いて行きます。 キッチンしか知らなかったふらいぱんじいさんは、広い空、広い森、砂漠や海といった 「世界」 を知ることになるのでした。 じいさんの、奇妙な旅の、物語です。


出版されて50年近く経つというのに、この本の褪せない魅力といったら、どうでしょう。 本の隅から隅まで、言葉のひとつひとつ、どれをとっても、古びていない。 それどころか、今の若い人が書いたと言われても納得してしまいそうなフレッシュ感にあふれています。 なんといっても、子どもにはとびきり楽しくて、この世の中に希望を抱ける物語であるけれど、大人になってから読むと読み方によって何通りでも読めるという一本筋の通ったしっかりした1冊なことに気づき、驚きます。 まさに児童文学の 「見本」 といっても過言ではない1冊だと思います。 神沢利子さんという人はなんと偉大な作家でしょうか。 時代も国境も超えられる力。 この力を、世間はもっと重要視してもいいと思うのです。

そして、忘れてならないのは、もう一人の偉大な作家、堀内誠一さん。 色彩、キャラクターデザイン、構図・・・堀内誠一さんの作り出したモノたちも、同じく時代の波に消えない、得難い魅力があると、私なんぞは思わず唸ってひれ伏してしまいます。 神沢利子さん、堀内誠一さんという 「すごい人たち」 が作ったこの1冊は、きっとこれから50年先も、読み継がれていくんだろうな・・・と個人的な願望もちょっぴり入りつつ、思います。 みなさま、ぜひ お家の本棚に。 (ひ)
[PR]
# by bh_jinbo | 2016-10-20 14:15 | お子さま向け読み物
『ケチャップれっしゃ』
f0104360_1514961.jpg「ケチャップれっしゃ」
作・絵:ザ・キャビンカンパニー
出版社:鈴木出版
本体価格:¥1,200+税
発行日:2016年08月26日
ISBN:9784790253082
ケチャップの列車が、行きますよ。 ケチャケチャケチャケチャ・・・ あっ!ホットドッグ。 ぷっちゅーっ! ケチャップかけちゃう。 オムレツにも、ぷっちゅーっ!ケチャップ、ぴったり。 美味しそう! ああ、あちらこちらを幸せにしながら走る、ケチャップれっしゃは、今日も元気です。 

どうしてこんなに、ケチャップって、魅惑的なんでしょう!? 赤い色がとってもまぶしい、キャビンカンパニーさんの傑作です♪ 絵も楽しい、文章も楽しい、声に出して読んだらもっと楽しい1冊です。 (ひ)

★ザ・キャビンカンパニー原画展 @ブックハウスギャラリー
10/20-10/31
ザ・キャビンカンパニーの大大大原画展! 貴重な原画の他、展示にも注目☆ オリジナルグッズも販売しています。

★関連イベント
ザ・キャビンカンパニーのおはなし会&サイン会 
10/30(日) 14:00~ 約40分。 無料・ご予約不要。
絵本を読んで、歌って踊っての楽しい時間です。 お気軽にご参加ください! 終了後のサイン会もお楽しみに!

チラシ
[PR]
# by bh_jinbo | 2016-10-18 21:12 | 赤ちゃん絵本
「くつしたしろくん」
f0104360_1522645.jpg『くつしたしろくん』
作・絵:ザ・キャビンカンパニー
出版社:鈴木出版
本体価格:¥1,200+税
発行日:2016年10月07日
ISBN:9784790253136
くつしたのしろくん、風に飛ばされてひとりぼっちになってしまいました。 片割れさんは、どこに? くつしたしろくん、片割れ探しの旅は、さて、どうなるのでしょうか。

キャビンカンパニーさんの待望の新刊は、とっても可愛いくつしたのお話。 フラミンゴやあり・・・いろんなくつしたが登場して、キャビンさんの鮮やかな絵が、ワクワク感を引き立ててくれます。 そしてやっぱり、最後は安心のハッピーエンド! こんな可愛いお話、ぜひ、お家の本棚にあったら、いいと思いますよ~。

これからの時期にもぴったり! そういえば、私の家の怪獣たちの小さな可愛いくつしたさんも、よーく片割れを探す旅に、出ています!(ひ)
[PR]
# by bh_jinbo | 2016-10-18 15:13 | 赤ちゃん絵本